ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure226.txt

徒然草

第226段 後鳥羽院の御時信濃前司行長稽古の誉ありけるが・・・

校訂本文

後鳥羽院1)の御時、信濃前司行長、稽古の誉(ほまれ)ありけるが、楽府(がふ)の御論議(みろんぎ)の番に召されて、七徳の舞を二つ忘れたりければ、「五徳の冠者」と異名を付きにけるを、心憂きことにして、学問を捨てて遁世したりけるを、慈鎮和尚2)、一芸ある者をば下部(しもべ)までも召し置きて、不便にせさせ給ひければ、この信濃入道を扶持(ふち)し給ひけり。

この行長入道、平家物語を作りて、生仏(しやうぶつ)といひける盲目に教へて、語らせけり。さて、山門3)のことを、ことにゆゆしく書けり。九郎判官4)のことは詳しく知して書き載せたり。蒲冠者(かばのくわんじゃ)5)のことは、よく知らざりけるにや、多くのことども記しもらせり。武士のこと、弓馬のわざは、生仏、東国の者にて、武士に問ひ聞きて書かせけり。

かの生仏が生まれつきの声を、今の琵琶法師は学びたるなり。

翻刻

後鳥羽院の御時信濃前司行長。稽
古の誉ありけるが。楽府の御論議の
番にめされて。七徳の舞をふたつ忘れ/k2-63r
たりければ。五徳の冠者と異名をつきに
けるを。心うき事にして。学問をすてて。
遁世したりけるを。慈鎮和尚一藝ある
ものをば下部までもめしをきて。不便
にせさせ給ければ。此信濃入道を扶持
し給けり。此行長入道。平家物語
を作りて。生仏といひける盲目に教
てかたらせけり。さて山門のことをことに
ゆゆしくかけり。九郎判官の事はくは
しく知て書のせたり。蒲冠者の/k2-63l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0063.jpg

事はよくしらざりけるにや。おほくの
ことどもしるしもらせり。武士の事弓
馬のわざは。生仏東国のものにて。武士に
問聞てかかせけり。彼生仏が生れつきの
声を。今の琵琶法師は学びたる也/k2-64r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0064.jpg

1)
後鳥羽天皇
2)
慈円
3)
比叡山延暦寺
4)
源義経
5)
源範頼


text/turezure/k_tsurezure226.txt.txt · 最終更新: 2018/11/13 18:00 by Satoshi Nakagawa