ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure225.txt

徒然草

第225段 多久資が申しけるは・・・

校訂本文

多久資(おほのひさすけ)1)が申しけるは、「通憲入道2)、舞の手の中に興あることどもを選びて、磯の禅師(ぜんじ)といひける女に教へて舞はせけり。白き水干に鞘巻(さうまき)を差させ、烏帽子をひき入れたりければ、男舞(おとこまひ)とぞ言ひける。禅師が娘、静(しづか)といひける、この芸を継げり。これ白拍子(しらびやうし)の根元なり。仏神の本縁を歌ふ。

その後、源光行、多くのことを作れり。後鳥羽院3)の御作もあり。亀菊に教へさせ給ひけるとぞ。

翻刻

多久助が申けるは。通憲入道舞の手
の中に興有事どもをえらひて。いその
禅師といひける女に教てまはせけり。/k2-62l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0062.jpg

白き水干にさうまきをささせ。烏帽子を
ひき入たりければ。おとこまひとぞいひ
ける。禅師がむすめしづかと云ける。此藝
をつげり。是白拍子の根元也。仏神の本
縁をうたふ。其後源光行おほくの事
をつくれり。後鳥羽院の御作もあり。
亀菊にをしへさせ給けるとぞ/k2-63r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0063.jpg

1)
底本「多久助」。諸本により訂正。
2)
藤原通憲・信西
3)
後鳥羽天皇


text/turezure/k_tsurezure225.txt.txt · 最終更新: 2018/11/10 16:21 by Satoshi Nakagawa