ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure218.txt

徒然草

第218段 狐は人に食ひつくものなり・・・

校訂本文

狐は人に食ひつくものなり。

堀川殿にて、舎人が寝たる足を狐に食はる。

仁和寺にて、夜、本寺の前を通る下法師(しもほふし)に、狐三つ飛びかかりて、食ひつきければ、刀を抜きて、これを防ぐ間、狐二疋を突く。一つは突き殺しぬ。二つは逃げぬ。法師はあまた所食はれながら、ことゆゑなかりけり。

翻刻

狐は人にくひつくもの也。堀川殿にて舎人
が寝たる足を。狐にくはる。仁和寺にて。/k2-58r
夜本寺の前をとほる下法師に。狐三
飛かかりて。くひつきければ。刀をぬきて
是をふせぐ間。狐二疋をつく。ひとつは
つきころしぬ。二はにげぬ。法師はあまた
所くはれながら。ことゆへなかりけり/k2-58l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0058.jpg



text/turezure/k_tsurezure218.txt.txt · 最終更新: 2018/11/07 11:56 by Satoshi Nakagawa