Recent changes RSS feed

徒然草

第217段 ある大福長者のいはく・・・

校訂本文

ある大福長者のいはく、「人はよろづをさしおきて、ひたぶるに徳をつくべきなり。貧しくては生けるかひなし。富めるのみを人とす。徳を付かんと思はば、すべからく、まづその心づかひを修行すべし。その心と言ふは他のことにあらず。人間常住の思ひに住して、仮にも無常を観ずることなかれ。これ、第一の用心なり。次に、万事の用をかなふべからず。人の世にある、自他につけて所願無量なり。欲にしたがひて、志を遂げんと思はば、百万の銭ありといふとも、しばらくも住すべからず。所願は止む時なし。財(たから)は尽くる期(ご)あり。限りある財を持ちて、限りなき願にしたがふこと、得べからず。所願心にきざすことあらば、『われを滅ぼすべき悪念きたれり』と、固く慎しみ恐れて、小要(せうえう)をもなすべからず。次に、銭を奴(やつこ)のごとくして、使ひ用ゐるものと知らば、長く貧苦をまぬかるべからず。君のごとく、神のごとく、恐れ尊みて、したがへ、用ゐることなかれ。次に、恥にのぞむといふとも、怒り恨むることなかれ。つぎに、正直にして約を固くすべし。この義を守(まぼ)りて、利を求めん人は、富の来たること、火の乾けるにつき、水の下れるにしたがふがごとくなるべし。銭積りて尽きざる時は、宴飲声色(えんいんせいしよく)をこととせず、居所を飾らず、所願を成(じやう)ぜざれども、心とこしなへに安く楽し」と申しき。

そもそも、人は所願を成ぜんがために、財を求む。銭を財とすることは、願ひをかなふるがゆゑなり。所願あれどもかなへず、銭あれども用ゐざらんは、全く貧者と同じ。何をか楽しびとせん。

この掟(おきて)は、ただ、「人間の望を断ちて、貧を憂ふべからず」と聞こえたり。欲を成じて楽しびとせんよりは、しかじ、財なからんには。癰疽(ようそ)を病む者、水に洗ひて楽しびとせんよりは、病まざらんにはしかじ。ここに至りては、貧富分く所なし。

究竟(くきやう)は理即(りそく)に等し。大欲は無欲に似たり。

翻刻

或大福長者の云。人は万をさしを
きて。ひたふるに徳をつくべき也。まづ
しくてはいけるかひなし。とめるのみを人/k2-56r
とす。徳をつかんと思はば。すべからくまづ
其心づかひを修行すべし。其心と云は。
他のことにあらず。人間常住のおもひ
に住して。かりにも無常を観ずる
事なかれ。是第一の用心也。次に万事
の用をかなふべからず。人の世にある自他
につけて所願無量也。欲に随て志を
遂んと思はば。百万の銭有といふとも。
暫も住すべからず。所願はやむ時なし。財
はつくる期あり。かぎりある財をもちて。/k2-56l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0056.jpg

かぎりなき願にしたがふ事。得べからず。
所願心にきざす事あらば。我をほろぼす
べき悪念きたれりと。かたくつつしみ
をそれて。小要をもなすべからず。次に銭
を奴のごとくして。つかひもちゐる物と
しらば。ながく貧苦をまぬかるべからず。
君のごとく神のごとくをそれたうと
みて。したがへもちゐることなかれ。次に
恥にのぞむといふとも。怒りうらむる事
なかれ。次に正直にして約をかたく/k2-57r
すべし。此義をまぼりて利をもとめん
人は冨の来る事火のかはけるにつき。水
のくだれるにしたがふがごとくなるべし。
銭つもりてつきざる時は宴飲声色
をこととせず。居所をかざらず。所願を成ぜ
ざれども。心とこしなへにやすくたのしと
申き。抑人は所願を成ぜんがために。財を
求む。銭を財とする事は。願ひをかなふる
が故也。所願有どもかなへず。銭あれど
ももちゐざらんは。全。貧者とおなじ。/k2-57l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0057.jpg

何をか楽ひとせん。此をきては。ただ人間
の望をたちて。貧を憂ふべからずとき
こえたり。欲を成じてたのしひとせん
よりは。しかじ財なからんには。癰疽を
やむ者。水に洗ひてたのしひとせん
よりは。やまざらんにはしかじ。ここにいたり
ては貧冨わく所なし。究竟は理即に
ひとし。大欲は無欲に似たり/k2-58r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0058.jpg

text/turezure/k_tsurezure217.txt.txt · 最終更新: 2018/11/01 21:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa