Recent changes RSS feed

徒然草

第215段 平宣時朝臣老いの後昔語りに・・・

校訂本文

平宣時朝臣1)、老いの後(のち)、昔語りに、「最明寺入道2)、ある宵の間に呼ばるることありしに、『やがて』と申しながら、直垂(ひたたれ)のなくてとかくせしほどに、また使(つかひ)来たりて、『直垂などの候はぬにや。夜なれば、異様(ことやう)なりとも、とく』とありしかば、なえたる直垂、うちうちのままにてまかりたりしに、銚子に土器(かはらけ)取り添へて、持て出でて、『この酒を一人たうべんがさうざうしければ申しつるなり。肴こそなけれ、人は静まりぬらん、さりぬべき物やあると、いづくまでも求め給へ』とありしかば、紙燭(しそく)さして、くまぐまを求めしほどに、台所の棚に、小土器(こがわらけ)に味噌の少し付きたるを見出でて、『これぞ求め得て候ふ』と申ししかば、『事足りなん』とて、心よく数献(すこん)に及びて、興に入られ侍りき。その世には、かくこそ侍りしか」と申されき。

翻刻

平宣時朝臣。老ののちむかしがたりに。
最明寺入道。あるよひの間によばるる
事有しに。やがてと申ながらひたたれ/k2-54l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0054.jpg

のなくてとかくせしほどに。又使来り
て。直垂などのさふらはぬにや。夜なれ
ばことやうなりとも。とくとありしかば。
なべたる直垂。うちうちのままにてまかり
たりしに。てうしにかはらけとりそへて。
もていでて。此酒をひとりたうべんがさう
ざうしければ申つる也。さかなこそな
けれ。人はしづまりぬらん。さりぬべき物や
あると。いづくまでも求め給へとありし
かば。しそくさして。くまくまをもとめし/k2-55r
程に。臺所の棚に小土器にみその少し
つきたるを見出て。これぞもとめえてさ
ふらふと申しかば。事たりなんとて。心
よく数献に及びて。興にいられ侍りき。
其世にはかくこそ侍しかと申されき/k2-55l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0055.jpg

1)
北条宣時・大仏宣時
2)
北条時頼
text/turezure/k_tsurezure215.txt.txt · 最終更新: 2018/11/01 18:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa