Recent changes RSS feed

徒然草

第214段 想夫恋といふ楽は女男を恋ふるゆゑの名にはあらず・・・

校訂本文

想夫恋(さうふれん)といふ楽(がく)は、女、男を恋ふるゆゑの名にはあらず。もとは相府蓮、文字の通へるなり。晋の王倹、大臣として、家に蓮(はちす)を植ゑて愛せし時の楽なり。これ より大臣を蓮府といふ。

廻忽も廻鶻1)なり。廻鶻国とて、夷(えびす)のこはき国あり。その夷、漢に伏して後に、来たりて、おのれが国の楽を奏せしなり。

翻刻

想夫恋といふ楽は。女男をこふるゆゑの/k2-54r
名にはあらず。本は相府蓮。文字のかよ
へる也。晋の王倹大臣として。家にはち
すをうへて愛せし時の楽なり。是
より大臣を蓮府といふ。廻忽も廻鶻
なり。廻鶻国とて夷のこはき国あり。
其夷。漢に伏して後に来りて。
をのれが国の楽を奏せし也/k2-54l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0054.jpg

1)
回鶻
text/turezure/k_tsurezure214.txt.txt · 最終更新: 2018/10/29 21:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa