ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure211.txt

徒然草

第211段 よろづのことは頼むべからず・・・

校訂本文

よろづのことは頼むべからず。愚かなる人は、深くものを頼むゆゑに、恨み怒(いか)ることあり。

勢ひありとて、頼むべからず。こはき者、まづ滅ぶ。財(たから)多しとて、頼むべからず。時の間に失ひやすし。才ありとて、頼むべからず。孔子も時にあはず。徳ありとて、頼むべからず。顔回も不幸なりき。君の寵(ちよう)をも、頼むべからず。誅(ちゆう)を受くることすみやかなり。奴(やつこ)従へりとて、頼むべからず。そむき走ることあり。人の志をも、頼むべからず。必ず変ず。約をも、頼むべからず。信あること少なし。

身をも人をも頼まざれば、是(ぜ)なる時は喜び、非(ひ)なる時は恨みず。左右(さう)広ければさはらず。前後遠ければ塞(ふさ)がらず。狭(せば)き時はひしげくだく。

心を用ゐること少しきにして、厳しき時は、ものにさかひ争ひて破る。ゆるくして柔らかなる時は、一毛も損ぜず。

人は天地の霊なり。天地は限る所なし。人の性(しやう)、何ぞ異ならん。寛大にして極まらざる時は、喜怒これにさはらずして、もののために煩はず。

翻刻

万の事はたのむべからず。をろかなる人
は。ふかく物を頼ゆへに。うらみいかる事
あり。いきほひありとてたのむべからず。
こはき物先ほろぶ。財おほしとて頼/k2-52l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0052.jpg

べからず。時のまに失ひやすし。才あり
とて頼べからず。孔子も時にあはず。徳
ありとて頼べからず。顔回も不幸なり
き。君の寵をも頼べからず。誅をうくる
事速也。奴したがへりとて頼べからす。そ
むきはしる事あり。人の志をもたのむ
べからず。必変ず。約をも頼べからず。信
ある事すくなし。身をも人をもたのまざ
れば。是なる時はよろこび。非なるときは
うらみず。左右ひろければさはらず。前/k2-53r
後遠ければ塞がらず。せばき時はひ
しけくだく。心を用る事。少しきにして
きびしき時は。物にさかひあらそひて
やぶる。ゆるくしてやはらかなる時は。一毛
も損せず。人は天地の霊也。天地はかぎる
所なし。人の性なんぞことならん。寛大
にしてきはまらざる時は。喜怒是に
さはらずして。物のためにわづらはず/k2-53l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0053.jpg



text/turezure/k_tsurezure211.txt.txt · 最終更新: 2018/10/29 19:14 by Satoshi Nakagawa