ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure210.txt

徒然草

第210段 喚子鳥は春のものなりとばかり言ひて・・・

校訂本文

「喚子鳥(よぶこどり)は春のものなり」とばかり言ひて、いかなる鳥とも、定かに記せるものなし。

ある真言書の中に、喚子鳥鳴く時、招魂の法をば行ふ次第あり。これは鵺(ぬえ)なり。万葉集の長歌に、「霞立つ長き春日の」など続けたり。鵺鳥も喚子鳥のことざまに通ひて聞こゆ。

翻刻

喚子鳥は春の物なり。とばかりいひて。如何/k2-52r
なる鳥とも。さだかにしるせる物なし。
ある真言書の中に。喚子鳥なく時招
魂の法をばをこなふ次第あり。これは
鵺也。万葉集の長歌に。霞たつな
がき春日のなどつづけたり。鵺鳥も喚
子鳥のことさまにかよひてきこゆ/k2-52l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0052.jpg



text/turezure/k_tsurezure210.txt.txt · 最終更新: 2018/10/25 23:34 by Satoshi Nakagawa