ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure209.txt

徒然草

第209段 人の田を論ずるもの訴へに負けてねたさにその田を刈りて取れとて・・・

校訂本文

人の田を論ずるもの、訴(うた)へに負けて、ねたさに、「その田を刈りて取れ」とて、人をつかはしけるに、まづ道すがらの田をさへ刈りもてゆくを、「これは論じ給ふ所にあらず。いかにかくは」と言ひければ、刈る者ども、「その所とても、刈るべき理(ことわり)なけれども、『僻事せん』とてまかる者なれば、いづくをか刈らざらん」とぞ言ひける。

理(ことわり)、いとをかしかりけり。

翻刻

人の田を論ずるもの。うたへにまけてね
たさに。其田をかりてとれとて。人を
つかはしけるに。先道すがらの田をさへ
かりもてゆくを。是は論じ給ふ所に
あらず。いかにかくはといひければ。かるもの
ども。其所とても。かるべきことはりな
けれども。僻事せんとてまかる者
なれば。いづくをかからざらんとぞいひ
ける。理りいとおかしかりけり/k2-52r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0052.jpg



text/turezure/k_tsurezure209.txt.txt · 最終更新: 2018/10/25 23:26 by Satoshi Nakagawa