ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure208.txt

徒然草

第208段 経文などの紐を結ふに・・・

校訂本文

経文などの紐を結(ゆ)ふに、上下(かみしも)よりたすきにちがへて、二筋(ふたすぢ)の中より、わなの頭を横ざまに引き出だすことは、常のことなり。

さやうにしたるをば、華厳院の弘舜僧正、解きて直させけり。「これは、このごろやうのことなり。いとにくし。うるはしくは、ただ、くるくると巻きて、上より下へ、わなの先をさしは さむべし」と申されけり。

古き人にて、かやうのこと知れる人になん侍りける。

翻刻

経文などの紐をゆふに。上下よりたすき
にちがへて。二すぢの中より。わなの頭を
よこさまにひき出す事は。常の事也。さ
やうにしたるをば。華厳院弘舜僧正
ときてなをさせけり。是は此比やうの事
也。いとにくし。うるはしくは。ただくるくる
とまきて。上より下へ。わなのさきをさしは
さむべし。と申されけり。ふるき人にてか
やうの事しれる人になん侍りける/k2-51l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0051.jpg



text/turezure/k_tsurezure208.txt.txt · 最終更新: 2018/10/25 23:08 by Satoshi Nakagawa