ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure207.txt

徒然草

第207段 亀山殿建てられんとて地を引かれけるに・・・

校訂本文

亀山殿建てられんとて、地を引かれけるに、大なる蛇(くちなは)、数も知らずこり集りたる塚ありけり。

「この所の神なり」と言ひて、ことのよしを申しければ、「いかがあるべき」と勅問ありけるに、「古くよりこの地を占めたる物ならば、さうなく掘り捨てられがたし」と、みな人申されけるに、この大臣1)一人、「王土にをらん虫、皇居を建られんに、何の祟りをかなすべき。鬼神はよこしまなし。とがむべからず。ただ、みな掘り捨つべし」と申されたりければ、塚を崩して、蛇をば大井河2)に流してげり。

さらに祟りなかりけり。

翻刻

亀山殿たてられんとて。地をひかれける
に大なるくちなは。かずもしらずこりあつ/k2-50l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0050.jpg

まりたる塚ありけり。此所の神なりと
いひてことのよしを申ければ。いかがある
べきと勅問ありけるに。ふるくより此地を
しめたる物ならば。さうなくほりすてられ
がたしと皆人申されけるに。此おとど
一人。王土にをらん虫。皇居を建られん
に何のたたりをかなすべき。鬼神はよ
こしまなし。とがむべからず。ただみなほり
捨べしと申されたりければ。塚をくづ
して蛇をば大井河にながしてげり。/k2-51r
さらにたたりなかりけり/k2-51l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0051.jpg

1)
徳大寺実基。前段参照。
2)
大堰川


text/turezure/k_tsurezure207.txt.txt · 最終更新: 2018/10/24 00:30 by Satoshi Nakagawa