Recent changes RSS feed

徒然草

第203段 勅勘の所に靫かくる作法今は絶えて知れる人なし・・・

校訂本文

勅勘(ちよくかん)の所に、靫(ゆき)かくる作法、今は絶えて知れる人なし。

主上の御悩(ごなう)、おほかた世の中の騒がしき時は、五条の天神に靫をかけらる。鞍馬に、ゆきの明神1)といふも、靫かけられたりける神なり。

看督長(かどのをさ)の負ひたる靫を、その家にかけられぬれば、人出で入らず。このこと絶えて後、今の世には、封を付くることになりにけり。

翻刻

勅勘の所に。靫かくる作法。今はたえて
しれる人なし。主上の御悩。大方世中の
さはがしき時は。五条の天神に靫をか
けらる。鞍馬にゆきの明神といふも。靫/k2-49r
かけられたりける神也。看督長の
負たる靫を。其家にかけられぬれば
人出いらず。此事絶て後。今の世には
封をつくることになりにけり。犯人をし/k2-49l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0049.jpg

1)
由岐神社
text/turezure/k_tsurezure203.txt.txt · 最終更新: 2018/10/22 15:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa