ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure202.txt

徒然草

第202段 十月を神無月と言ひて神事にはばかるべきよしは記したるものなし・・・

校訂本文

十月(じふぐわつ)を神無月(かみなづき)と言ひて、神事にはばかるべきよしは、記したるものなし。本文(もとふみ)も見えず。ただし、当月、諸社のまつりなきゆゑに、この名あるか。

「この月、よろづの神たち、太神宮(だいじんぐう)1)へ集まり給ふ」など言ふ説あれども、その本説(ほんぜつ)なし。さることならば、伊勢には、ことに祭月(さいげつ)とすべきに、その例もなし。

十月、諸社の行幸、その例も多し。ただし、多くは不吉の例なり。

翻刻

十月を神无月と云て。神事に
はばかるべきよしはしるしたる物なし。
もと文もみえず。但当月諸社のまつり/k2-48l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0048.jpg

なき故に。此名あるか。此月万の神
達。太神宮へあつまり給ふなど云説あれ
ども。其本説なし。さる事ならば。伊勢
にはことに祭月とすべきに。その例もな
し。十月諸社の行幸其例もおほ
しただしおほくは不吉の例也/k2-49r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0049.jpg

1)
伊勢神宮


text/turezure/k_tsurezure202.txt.txt · 最終更新: 2018/10/22 15:10 by Satoshi Nakagawa