ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure196.txt

徒然草

第196段 東大寺の神輿東寺の若宮より帰座の時源氏の公卿参られけるに・・・

校訂本文

東大寺の神輿(しんよ)、東寺の若宮より帰座の時、源氏の公卿参られけるに、この殿1)、大将にて先を追はれけるを、土御門相国2)、「社頭にて警蹕、いかが侍るべからん」と申されければ、「随身の振舞ひは、兵仗(ひやうぢやう)の家が知ることに候ふ」とばかり答へ給ひけり。

さて、後に仰られけるは、「この相国、北山抄を見て、西宮の説3)をこそ知られざりけれ。眷属の悪鬼・悪神を恐るるゆゑに、神社にて、ことに先を追ふべきことわりあり」とぞ、仰せられける。

翻刻

東大寺の神輿。東寺の若宮より帰
座の時。源氏の公卿まいられけるに。此殿
大将にてさきををはれけるを。土御門相国。
社頭にて警蹕いかが侍るべからん。と申
されければ。随身のふるまひは。兵仗の家
が知事に候とばかり答給けり。さて
後に仰られけるは。此相国。北山抄を/k2-47l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0047.jpg

見て。西宮の説をこそしられざりけれ。
眷属の悪鬼悪神ををそるる故に。
神社にてことにさきををふべき理り
ありとぞおほせられける/k2-48r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0048.jpg

1)
前段の久我通基・源通基を指す。
2)
土御門定実・源定実
3)
西宮記


text/turezure/k_tsurezure196.txt.txt · 最終更新: 2018/10/22 00:57 by Satoshi Nakagawa