Recent changes RSS feed

徒然草

第195段 ある人久我縄手を通りけるに・・・

校訂本文

ある人、久我縄手(こがなはて)を通りけるに、小袖に大口着たる人、木造りの地蔵を田の中の水におしひたして、ねんごろに洗ひけり。

心得がたく見るほどに、狩衣の男、二・三人出で来て、「ここにおはしましけり」とて、この人を具して去(い)にけり。久我内大臣殿(こがのないだいじんどの)1)にてぞおはしける。

尋常(よのつね)におはしましける時は、神妙(しんべう)にやんごとなき人にておはしけり。

翻刻

或人久我縄手を通りけるに。小袖に大
口きたる人。木造の地蔵を田の中の水
にをしひたして。念比にあらひけり。心え
がたく見るほどに。狩衣の男二三人出きて。
ここにおはしましけりとて此人を具/k2-47r
していにけり。久我内大臣殿にてぞおは
しける。尋常におはしましける時は。
神妙にやん事なき人にておはしけり/k2-47l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0047.jpg

1)
久我通基・源通基
text/turezure/k_tsurezure195.txt.txt · 最終更新: 2018/10/22 00:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa