ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure194.txt

徒然草

第194段 達人の人を見る眼は少しも誤る所あるべからず・・・

校訂本文

達人の人を見る眼(まなこ)は、少しも誤る所あるべからず。

たとへば、ある人の、世に虚言(そらごと)をかまへ出だして、人を謀ることあらんに、素直にまことと思ひて、言ふままに謀らるる人あり。あまりに深く信をおこして、なほわづらはしく、虚言を心得添ふる人あり。また、何としも思はで、心をつけぬ人あり。また、いささかおぼつかなく思えて、頼むにもあらず、頼まずもあらで、案じゐたる人あり。また、まことしくは思えねども、「人の言ふことなれば、さもあらん」とて、やみぬる人もあり。また、さまざまに推(すい)し、心得たるよしして、かしこげにうちうなづき、ほほ笑みてゐたれど、つやつや知らぬ人あり。また、推し出だして、「あはれ、さるめり」と思ひながら、「なほ誤りもこそあれ」と怪しむ人あり。また、「異なるやうもなかりけり」と、手を打ちて笑ふ人あり。また、心得たれども、「知れり」とも言はず、おぼつかなからぬは、とかくのことなく、知らぬ人と同じやうにて過ぐる人あり。また、この虚言の本意を始めより心得て、少しもあざむかず、かまへ出だしたる人と同じ心になりて、力を合はする人あり。

愚者の中の戯(たはぶ)れだに、知りたる人の前にては、このさまざまの得たる所、言葉にても顔にても、隠れなく知られぬべし。まして、明らかならん人の、惑へるわれらを見んこと、掌(たなごころ)の上の物を見んがごとし。

ただし、かやうの推し量りにて、仏法までをなずらへ言ふべきにはあら。

翻刻

達人の人を見る眼は。少しもあやまる
所有べからず。たとへば或人の。世に虚言
をかまへ出して。人をはかる事あらんに。
すなほにまことと思ひて。いふままにはから
るる人あり。あまりにふかく信をおこして
なをわづらはしく。虚言を心得そふる人/k2-45l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0045.jpg

あり。又何としも思はで心をつけぬ人あり。
又いささか覚束なくおぼえて。たのむ
にもあらずたのまずもあらで。案じ
ゐたる人あり。又まことしくは覚えね
ども。人のいふ事なれば。さもあらんとて
やみぬる人もあり。又さまざまに推し
心得たるよしして。かしこげにうちう
なづきほほえみてゐたれど。つやつや
しらぬ人あり。又すいし出してあはれ
さるめりと思ひながら。なをあやまりも/k2-46r
こそあれとあやしむ人あり。又ことなる
やうもなかりけりと。手を打てわらふ人
あり。又心得たれども。しれりともいはず。
覚束なからぬは。とかくの事なく。しらぬ
人とおなじやうにて過る人あり。又此
虚言の本意を。はじめより心得て。
少しもあざむかず。かまへ出したる
人とおなじ心になりて。力をあはする人
あり。愚者の中の戯だに。知たる人の
前にては。此さまざまのえたる所。詞にて/k2-46l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0046.jpg

もかほにても。かくれなくしられぬべし
ましてあきらかならん人の。まどへる
我等を見んこと。掌の上の物を見ん
が如し。但かやうの推はかりにて。仏
法までをなずらへ云べきにはあらず/k2-47r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0047.jpg



text/turezure/k_tsurezure194.txt.txt · 最終更新: 2018/10/22 00:01 by Satoshi Nakagawa