Recent changes RSS feed

徒然草

第190段 妻といふものこそ男の持つまじきものなれ・・・

校訂本文

妻(め)といふものこそ、男(をのこ)の持つまじきものなれ。「いつも独り住みにて」など聞くこそ、心にくけれ。

「誰がしが婿になりぬ」とも、また、「いかなる女を取り据ゑて、相住む」など聞きつれば、無下に心劣りせらるるわざなり。「ことなることなき女を、よしと思ひ定めてこそ添ひ居たらめ」と、いやしくも推し量られ、よき女ならば、「この男をぞらうたくして、あが仏とまもり居たらめ」、たとへば、「さばかりにこそ」と思えぬべし。

まして、家のうちを行ひ治めたる女、いと口惜し。子など出で来て、かしづき愛したる、心憂し。男亡くなりて後、尼になりて年寄りたるありさま、亡き跡まであさまし。

いかなる女なりとも、明け暮れ添ひ見んには、いと心づきなく、憎かりなん。女のためも、半空(なかぞら)にこそならめ、よそながら時々通ひ住まんこそ、年月経ても、絶えぬながらひともならめ。あからさまに来て、泊り居などせんは、めづらしかりぬべし。

翻刻

妻といふ物こそ。をのこの持まじき物
なれ。いつも独ずみにてなど聞こそ。
心にくけれ。誰がしが婿に成ぬとも。
又如何なる女を取すへて。相住など聞つれば。
无下に心をとりせらるるわざ也。ことなる事
なき女をよしとおもひさだめてこそそひ/k2-43r
ゐたらめと。賤くもをしはかられ。よき
女ならば。此男をぞらうたくして。あか
仏とまもりゐたらめ。たとへばさばかりにこそ
と覚えぬべし。まして。家のうちを
をこなひおさめたる女。いと口おし。子など
いできて。かしづき愛したる心うし。
男なくなりて後。尼になりて年より
たるありさま。なき跡まで浅まし。いか
なる女成とも明暮そひ見んには。いと心づ
きなくにくかりなん。女のためも半空/k2-43l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0043.jpg

にこそならめ。よそながらときどき通ひ
すまんこそ。年月へてもたえぬながらひ
ともならめ。あからさまにきてとまり
ゐなどせんは。めづらしかりぬべし/k2-44r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0044.jpg

text/turezure/k_tsurezure190.txt.txt · 最終更新: 2018/10/19 21:57 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa