ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure187.txt

徒然草

第187段 よろづの道の人たとひ不堪なりといへども堪能の非家の人に並ぶ時・・・

校訂本文

よろづの道の人、たとひ不堪(ふかん)なりといへども、堪能(かんのう)の非家の人に並ぶ時、必ずまさることは、たゆみなく慎しみて軽々しくせぬと、ひとへに自由なるとの等しからぬなり。

芸能・所作のみにあらず、おほかたの振舞・心づかひも、愚かにして慎しめるは徳のもとなり。巧みにしてほしきままなるは、失のもとなり。

翻刻

万の道の人。たとひ不堪なりといへど
も、堪能の非家の人にならぶ時。必ま
さる事は。たゆみなくつつしみて。
軽々敷せぬと。ひとへに自由なるとのひ
としからぬ也。藝能所作のみにあらず。
大方のふるまひ。心づかひもをろかにし
てつつしめるは徳の本也。たくみにして
ほしきままなるは。失の本也/k2-38l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0038.jpg



text/turezure/k_tsurezure187.txt.txt · 最終更新: 2018/10/16 18:52 by Satoshi Nakagawa