Recent changes RSS feed

徒然草

第186段 吉田と申す馬乗りの申し侍りしは・・・

校訂本文

吉田と申す馬乗りの申し侍りしは、「馬ごとにこはきものなり。人の力、争ふべからずと知るべし。乗るべき馬をば、まづよく見て、強き所、弱き所を知るべし。次に、轡(くつわ)・鞍(くら)の具に危ふき事やあると見て、心にかかることあらば、その馬を馳すべからず。この用意を忘れざるを馬乗りとは申すなり。これ秘蔵(ひさう)のことなり」と申しき。

翻刻

吉田と申馬乗の申侍しは。馬ことに
こはきもの也。人の力あらそふべからずと
知べし。のるべき馬をば。まづよく見て。
強き所弱き所を知べし。次に轡鞍の
具に。あやうき事やあると見て。心に
かかる事あらば。其馬をはすべからず。此
用意を忘れざるを馬乗とは申なり。/k2-38r
これ秘蔵の事也と申き/k2-38l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0038.jpg

text/turezure/k_tsurezure186.txt.txt · 最終更新: 2018/10/15 23:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa