Recent changes RSS feed

徒然草

第184段 相模守時頼の母は松下禅尼とぞ申しける・・・

校訂本文

相模守時頼1)の母は、松下禅尼とぞ申しける。守を入れ申さるることありけるに、煤けたる明り障子(さうじ)の破(やぶ)ればかりを、禅尼、手づから小刀して、切りまはしつつ張られければ、兄(せうと)の城介義景(じやうのすけよしかげ)2)、その日の経営(けいめい)して候ひけるが、「給はりて、なにがし男(をのこ)に張らせ候はん。さやうのことに心得たる者に候ふ」と申されければ、「その男、尼が細工によもまさり侍らじ」とて、なほ一間づつ張られけるを、義景、「みなを張り替へ候はんは、はるかにたやすく候ふべし。まだらに候ふも見苦しくや」と、重ねて申されければ、「尼も、『後は、さはさはと張り替へん』と思へども、今日ばかりは、わざとかくてあるべきなり。物は破れたる所ばかりを修理(しゆり)して用ゐる事ぞと、若き人に見習はせて、心つけんためなり」と申されける、いとありがたかりけり。

世を治むる道、倹約をもととす。女性(によしやう)なれども聖人の心にかよへり。天下を保つほどの人を子にて持たれける、まことに、ただ人にはあらざりけるとぞ。

翻刻

相模守時頼の母は。松下禅尼とぞ申
ける。守をいれ申さるる事ありけるに。すす
けたるあかりさうじのやぶればかりを。
禅尼手づから小刀して。きりまはしつつ
はられければ。せうとの城介義景。其
日のけいめいして候けるが。給はりてなに/k2-36l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0036.jpg

がし男にはらせ候はん。さやうの事に心
得たる者に候と申されければ。其男尼が
細工によもまさり侍らじとて。なを
一間づつはられけるを。義景皆をはり
かへ候はんは。はるかにたやすく候べし。
まだらに候も見ぐるしくやと。かさねて
申されければ。尼も後は。さはさはとはり
かへんと思へども。けふばかりは。わざとかくて
有べき也。物は破れたる所ばかりを。修理
して用る事ぞと。若き人に見ならはせ/k2-37r
て心つけんため也。と申されける。いと有
がたかりけり。世をおさむる道倹約を本
とす。女性なれども聖人の心にかよへり。天
下をたもつ程の人を。子にてもたれける、
誠に。ただ人にはあらざりけるとぞ/k2-37l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0037.jpg

1)
北条時頼
2)
安達義景
text/turezure/k_tsurezure184.txt.txt · 最終更新: 2018/10/15 22:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa