ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure183.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure183.txt [2018/10/14 17:41] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第183段 人突く牛をば角を切り人食ふ馬をば耳を切りてその印とす・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +人突く牛をば角を切り、人食ふ馬をば耳を切りて、その印(しるし)とす。印を付けずして、人をやぶらせぬるは、主(ぬし)の咎(とが)なり。人食ふ犬をば、養ひ飼ふべからず。これ、みな咎あり。律(りつ)の禁(いましめ)なり。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  人つく牛をば角をきり。人くふ馬をば/k2-36r
 +
 +  耳をきりてそのしるしとす。しるし
 +  をつけずして。人をやぶらせぬるは。
 +  ぬしのとが也。人くふ犬をば養ひかふ
 +  べからず。是みなとがあり。律の禁也/k2-36l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0002/​he10_00934_0002_p0036.jpg
 +
  


text/turezure/k_tsurezure183.txt.txt · 最終更新: 2018/10/14 17:41 by Satoshi Nakagawa