Recent changes RSS feed

徒然草

第183段 人突く牛をば角を切り人食ふ馬をば耳を切りてその印とす・・・

校訂本文

人突く牛をば角を切り、人食ふ馬をば耳を切りて、その印(しるし)とす。印を付けずして、人をやぶらせぬるは、主(ぬし)の咎(とが)なり。人食ふ犬をば、養ひ飼ふべからず。これ、みな咎あり。律(りつ)の禁(いましめ)なり。

翻刻

人つく牛をば角をきり。人くふ馬をば/k2-36r
耳をきりてそのしるしとす。しるし
をつけずして。人をやぶらせぬるは。
ぬしのとが也。人くふ犬をば養ひかふ
べからず。是みなとがあり。律の禁也/k2-36l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0036.jpg

text/turezure/k_tsurezure183.txt.txt · 最終更新: 2018/10/14 17:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa