ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure181.txt

徒然草

第181段 ふれふれこゆきたんばのこゆきといふこと・・・

校訂本文

「ふれふれこゆき。たんばのこゆき」といふこと、米(よね)つき、ふるひたるに似たれば、『粉雪(こゆき)』と言ふ。『たまれ粉雪』と言ふべきを、誤りて『丹波の』とは言ふなり。「垣(かき)や木のまたに」と歌ふべし」と、ある物知り申しき。昔より言ひけることにや。

鳥羽院1)、幼くおはしまして、雪の降るに、かく仰せられけるよし、讃岐典侍2)が日記3)に書きたり。

翻刻

ふれふれこゆき。たんばのこゆきといふ事。
よねつきふるひたるに似たれば。粉雪
といふ。たまれ粉雪と云べきを。あやまり
てたんばのとはいふ也。かきや木のまたにと
うたふべしと。ある物しり申き。昔より
いひける事にや。鳥羽院おさなくお/k2-35l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0035.jpg

はしまして。雪のふるにかく仰られ
けるよし。讃岐典侍が日記に書たり/k2-36r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0036.jpg

1)
鳥羽天皇
2)
藤原長子
3)
讃岐典侍日記


text/turezure/k_tsurezure181.txt.txt · 最終更新: 2018/10/14 13:38 by Satoshi Nakagawa