Recent changes RSS feed

徒然草

第179段 入宋の沙門道眼上人一切経を持来して六波羅のあたり・・・

校訂本文

入宋の沙門道眼上人、一切経を持来して、六波羅のあたり、やけ野といふ所に安置して、ことに首楞厳経(しゆれうごんきやう)を講じて、那蘭陀寺(ならんだじ)と号す。

その聖の申されしは、「『那蘭陀寺は、大門北向きなり』と、江帥(ごうそち)1)の説とて言ひ伝へたれど、西域伝2)、法顕伝3)などにも見えず。さらに所見なし。江帥は、いかなる才覚にてか申されけん、おぼつかなし。唐土の西明寺は、北向き勿論なり」と申しき。

翻刻

入宋の沙門道眼上人。一切経を持来し
て。六波羅のあたり。やけ野といふ所に
安置して。ことに首楞厳経を講
じて那蘭陀寺と号す。其聖の申
されしは。那蘭陀寺は大門北むきなりと。
江帥の説とて云つたへたれど。西域伝、
法顕伝などにもみえす。更に所見なし。
江帥は如何なる才覚にてか申されけん。
覚束なし。唐土の西明寺は北むき勿
論なり。と申き/k2-35r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0035.jpg

1)
大江匡房
2)
大唐西域記
3)
仏国記・高僧法顕伝
text/turezure/k_tsurezure179.txt.txt · 最終更新: 2018/10/14 13:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa