Recent changes RSS feed

徒然草

第173段 小野小町がこときはめて定かならず・・・

校訂本文

小野小町がこと、きはめて定かならず。衰へたるさまは、玉造1)といふ文に見えたり。

この文、清行2)が書けりといふ説あれど、高野大師3)の御作の目録に入れり。大師は、承和の始めに隠れ給へり。小町が盛りなること、その後のことにや。なほおぼつか。

翻刻

小野小町が事。きはめてさだかならず。
衰へたるさまは。玉造と云文にみえ
たり。此文清行がかけりといふ説あれど。
高野大師の御作の目録にいれり。/k2-28l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0028.jpg

大師は。承和のはじめにかくれ給へり。
小町がさかりなる事。其後の事に
や。なを覚束なし/k2-29r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0029.jpg

1)
玉造小町壮衰書
2)
三善清行
3)
空海
text/turezure/k_tsurezure173.txt.txt · 最終更新: 2018/10/11 22:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa