Recent changes RSS feed

徒然草

第172段 若き時は血気内に余り心物に動きて情欲多し・・・

校訂本文

若き時は、血気、内に余り、心、物に動きて、情欲多し。身を危ぶめて、砕けやすきこと、珠を走らしむるに似たり。

美麗を好みて、宝を費し、これを捨てて、苔の袂(たもと)にやつれ、勇める心盛りにして、ものと争ひ、心に恥ぢうらやみ、好む所、日々に定まらず。色にふけり、情けにめで、行ひをいさぎよくして、百年(ももとせ)の身を誤り、命を失へるためし願はしくして、身の全(また)く久しからんことをば思はず。好ける方(かた)に心ひきて、永き世語りともなる。身を誤(あやま)つことは、若き時のしわざなり。

老いぬる人は、精神衰へ、淡くおろそかにして、感じ動く所なし。心おのづから静かなれば、無益(むやく)のわざをなさず。身を助けて愁へなく、人のわづらひなからんことを思ふ。老いて智の若き時にまされるころ、若くして、形の老いたるにまされるがごとし。

翻刻

わかき時は血気うちにあまり。心物にうご
きて情欲おほし。身をあやぶめて
くだけやすき事。珠を走らしむるに似
たり。美麗をこのみて宝をついやし。/k2-27l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0027.jpg

是をすてて。苔の袂にやつれ。いさめる心
さかりにして。物とあらそひ。心に恥
うらやみ。このむ所。日々にさだまらず。色
にふけり情にめで。行をいさぎよく
して。百年の身を誤り。命を失へるた
めし。ねがはしくして。身のまたく
久しからん事をば思はず。すけるかた
に心ひきて。ながき世がたりともなる身
をあやまつことは。若き時のしわざ也。老
ぬる人は精神おとろへ。あはくをろそか/k2-28r
にして。感じうごく所なし。心をの
づからしづかなれば。無益のわざをなさ
ず。身をたすけて愁なく。人のわづらひ
なからん事をおもふ。老て智のわかき
時にまされる事。わかくして。かたち
の。老たるにまされるが如し/k2-28l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0028.jpg

text/turezure/k_tsurezure172.txt.txt · 最終更新: 2018/10/11 21:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa