Recent changes RSS feed

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure170.txt [2018/10/07 21:40] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第170段 さしたることもなくて人のがり行くはよからぬことなり・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +さしたることもなくて、人のがり行くはよからぬことなり。用ありて行きたりとも、そのこと果てなば、とく帰るべし。久しく居たる、いとむつかし。
 +
 +人と向ひたれば、言葉多く、身もくたびれ、心もしづかならず。よろづのことさはりて、時を移す、互ひのため益(やく)なし。いとはしげに言はんも悪(わろ)し。心づきなきことあらん折は、なかなかそのよしをも言ひてん。
 +
 +同じ心に向かはまほしく思はん人の、つれづれにて、「いましばし。今日は心しづかに」など言はんは、この限りにはあらざるべし。阮籍が青き眼、誰もあるべきことなり。
 +
 +そのこととなきに、人の来たりて、のどかに物語して帰りぬる、いとよし。また文も、「久しく聞こえさせねば」などばかり言ひおこせたる、いとうれし。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  さしたる事もなくて。人のがりゆくはよからぬ
 +  事也。用有て行たりとも。其事はて
 +  なばとく帰るべし。久しく居たるいと
 +  むつかし。人とむかひたれば詞おほく。身/w2-25l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0002/​he10_00934_0002_p0025.jpg
 +
 +  も草臥心も閑ならず。万の事さはり
 +  て時をうつすたがひのため益なし。いと
 +  はしげにいはんもわろし。心づきなき事
 +  あらん折は。中々そのよしをもいひてん。
 +  おなじ心にむかはまほしく思はん人
 +  の。つれづれにていましばし。けふは心閑
 +  になどいはんは。此限にはあらざるべし。
 +  阮籍が青き眼誰も有べきこと也。其こ
 +  ととなきに人の来りて。のどかに物がたり
 +  してかへりぬるいとよし。又文も久し/w2-26r
 +
 +  くきこえさせねばなどばかりいひを
 +  こせたる。いとうれし/w2-26l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0002/​he10_00934_0002_p0026.jpg
  
text/turezure/k_tsurezure170.txt.txt · 最終更新: 2018/10/07 21:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa