Recent changes RSS feed

徒然草

第169段 何事の式といふことは後嵯峨の御代までは言はざりけるを・・・

校訂本文

「何事の式といふことは、後嵯峨1)の御代までは言はざりけるを、近きほどより言ふ言葉なり」と人の申し侍りしに、建礼門院の右京大夫2)、後鳥羽院3)御位ののち、また内裏住(うちず)みしたることを言ふに、「世のしきも変りたることはなきにも」と書きたり。

翻刻

何事の式といふ事は。後嵯峨の御代
までは云ざりけるを。近きほどよりいふ詞
なりと人の申侍しに。建礼門院の
右京太夫。後鳥羽院御位ののち。又
うちずみしたる事をいふに。世のし
きもかはりたる事はなきにもと書たり/w2-25l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0025.jpg

1)
後嵯峨天皇
2)
建礼門院右京大夫・平徳子
3)
後鳥羽天皇
text/turezure/k_tsurezure169.txt.txt · 最終更新: 2018/10/06 18:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa