ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure168.txt

徒然草

第168段 年老いたる人の一事すぐれたる才のありて・・・

校訂本文

年老いたる人の、一事(いちじ)すぐれたる才(ざえ)のありて、「この人の後には、誰にか問はん」など言はるるは、老いの方人(かたうど)にて、生けるもいたづらならず。さはあれど、それもすたれたる所のなきは、「一生、このことにて暮れにけり」と、つたなく見ゆ。

「今は忘れにけり」と言ひてありなん。大方は知りたりとも、すずろに言ひ散らすは、「さばかりの才にはあらぬにや」と聞こえ、おのづから誤りもありぬべし。「さだかにも、わきまへ知らず」など言ひたれば、なほ、まことに道の主(あるじ)とも思えぬべし。まして、知らぬこと、したり顔に、おとなしく、もどきぬべくもあらぬ人の、言ひ聞かするを、「さもあらず」と思ひながら聞き居たる、いとわびし。

翻刻

年老たる人の。一事すぐれたる才の有
て。此人の後には。誰にかとはんなどい
はるるは。老のかたうどにて。いけるもいたづら
ならず。さはあれど。それもすたれたる
所のなきは。一生。此事にて暮にけりと/w2-24l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0024.jpg

つたなく見ゆ。今はわすれにけりといひて
ありなん。大方はしりたりとも。すずろに
いひちらすは。さばかりの才にはあらぬにや
ときこえ。をのづからあやまりもありぬべ
し。さだかにも弁へしらずなどいひ
たれは。なをまことに。道のあるじとも
覚えぬべし。まして。しらぬ事した
りがほに。おとなしくもどきぬべくも
あらぬ人のいひきかするを。さもあらずと
思ひながら。聞居たるいと侘し/w2-25r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0025.jpg



text/turezure/k_tsurezure168.txt.txt · 最終更新: 2018/10/06 17:56 by Satoshi Nakagawa