Recent changes RSS feed

徒然草

第166段 人間の営みあへるわざを見るに・・・

校訂本文

人間の営みあへるわざを見るに、春の日に雪仏(ゆきぼとけ)を作りて、そのために金銀珠玉の飾りを営み、堂を建てんとするに似たり。その構へを待ちて、よく安置してんや。

人の命ありと見るほども、下より消ゆること、雪のごとくなるうちに、営みまつこと、はなはだ多し。

翻刻

人間の。いとなみあへるわざを見るに。春
の日に雪仏を作りて。其ために金銀
珠玉のかざりをいとなみ。堂をたてんと/w2-23r
するに似たり。其かまへをまちて。よく
安置してんや。人の命ありと見る
ほども。下より消ること。雪のごとくなる
うちに。いとなみまつ事甚多し/w2-23l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0023.jpg

text/turezure/k_tsurezure166.txt.txt · 最終更新: 2018/10/06 17:24 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa