Recent changes RSS feed

徒然草

第162段 遍照寺の承仕法師池の鳥を日ごろ飼ひつけて・・・

校訂本文

遍照寺の承仕法師(じようじほふし)、池の鳥を日ごろ飼ひつけて、堂の内まで餌(ゑ)をまきて、戸一つ開けたれば、数も知らず入りこもりける後(のち)、おのれも入りて、たてこめて、捕らへつつ殺しけるよそほひ、おどろおどろしく聞こえけるを、草刈る童(わらは)聞きて、人に告げければ、村の男(をのこ)ども、起りて入りて見るに、大雁(おほがん)どもふためきあへる中に、法師まじりて、打ち伏せねぢ殺しければ、この法師を捕らへて、所より使庁へ出だしたりけり。殺すところの鳥を、頸(くび)にかけさせて、禁獄せられにけり。

基俊大納言1)、別当の時になん侍りける。

翻刻

遍照寺の承仕法師。池の鳥を日来/w2-21l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0021.jpg

かひつけて。堂のうちまでえをまきて。戸
ひとつあけたれば。数もしらず入こもりける
のち。をのれもいりて。たてこめてとらへつつ。
ころしけるよそほひ。おどろおどろしく
きこえけるを。草かるわらは聞て。人につげ
ければ。村のをのこどもおこりて入て見る
に。大厂どもふためきあへる中に。法師
まじりて打ふせねぢころしければ。
此法師をとらへて。所より使庁へ出し
たりけり。ころす所の鳥を。頸にかけさ/w2-22r
せて。禁獄せられにけり。基俊大納言。
別当の時になん侍りける/w2-22l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0022.jpg

1)
堀川基俊
text/turezure/k_tsurezure162.txt.txt · 最終更新: 2018/10/03 01:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa