Recent changes RSS feed

徒然草

第157段 筆を取ればもの書かれ楽器を取れば音を立てんと思ふ・・・

校訂本文

筆を取ればもの書かれ、楽器を取れば音を立てんと思ふ。盃(さかづき)を取れば酒を思ひ、賽(さい)を取れば攤(だ)打たんことを思ふ。心は必ずことにふれて来たる。かりにも不善の戯れをなすべからず。

あからさまに聖教(しやうげう)の一句を見れば、何となく前後の文(もん)も見ゆ。卒爾(そつじ)にして多年の非を改むることもあり。かりに、今この文を広げざらましかば、このことを知らんや。

これすなはち、触るる所の益なり。心、さらに起こらずとも、仏前にありて、数珠(ずず)を取り経を取らば、怠るうちにも、善業(ぜんごふ)おのづから修せられ、散乱の心ながらも、縄床(じようしやう)に座せば、覚えずして禅定(ぜんじやう)成るべし。

事理、もとより二つならず。外相もしそむかざれば、内証必ず熟ず。しひて不信を言ふべからず。仰ぎてこれを尊むべし。

翻刻

筆をとれば物かかれ。楽器をとれば音
をたてんとおもふ。盃をとれば酒を思ひ。
さいをとれば。だうたん事をおもふ。心は
必事にふれて来る。かりにも不善の
戯れをなすべからず。あからさまに聖
教の一句を見れば。何となく前後の
文も見ゆ。卒爾にして多年の非を
あらたむる事もあり。かりにいま此文を
ひろげざらましかば。此事をしらんや。
是則ふるる所の益也。心更にをこら/w2-20r
すとも。仏前にありて。ずずをとり経を
とらば。怠るうちにも。善業をのづから
修せられ。散乱の心ながらも。縄床に座
せば。覚えずして禅定なるべし。事
理もとより二ならず。外相もしそむか
ざれば。内証必熟す。しゐて不信を云
べからず。あふぎて是をたうとむへし/w2-20l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0020.jpg

text/turezure/k_tsurezure157.txt.txt · 最終更新: 2018/10/01 16:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa