ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure154.txt

徒然草

第154段 この人東寺の門に雨宿りせられたりけるに・・・

校訂本文

この人1)、東寺の門に雨宿りせられたりけるに、かたは者どもの集まり居たるが、手も足もねぢゆがみ、うちかへりて、いづくも不具に異様(ことやう)なるを見て、「とりどりにたぐひなき曲者(くせもの)なり。もつとも愛するに足れり」と思ひて、まもり給ひけるほどに、やがて、その興尽きて、見にくくいぶせく思えければ、ただ素直(すなほ)にめづらしからぬものにはしかず」と思ひて、帰りて後、「この間(あひだ)、植木を好み、異様に曲折あるを求めて、目を喜ばしめつるは、かのかたわを愛するなりけり」と、興なく思えければ、鉢に植ゑられける木ども、みな掘り捨てられにけり。さもありぬべきことなり。

翻刻

此人東寺の門に。あまやどりせられたり
けるに。かたわものどものあつまりゐたるが。
手も足もねぢゆがみ。うちかへりて。いづ
くも不具にことやうなるを見て。とりどり
にたぐひなき曲者也。尤愛するにたれ
りと思ひて。まもり給けるほどに。やがて
其興つきて。見にくくいぶせく覚えけ
れば。ただすなほにめづらしからぬ物/w2-17l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0017.jpg

にはしかずとおもひて。帰りて後。此
間うへ木を好み。ことやうに曲折あるを
求て。目をよろこばしめつるは。彼かたわ
を愛するなりけりと。興なくおぼえけ
れば。鉢にうへられける木ども。皆ほり
すてられにけり。さも有ぬべき事也/w2-18r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0018.jpg

1)
日野資朝。152段153段参照。


text/turezure/k_tsurezure154.txt.txt · 最終更新: 2018/09/23 13:02 by Satoshi Nakagawa