Recent changes RSS feed

徒然草

第151段 ある人のいはく年五十になるまで上手に至らざらん芸をば捨つべきなり・・・

校訂本文

ある人のいはく、「年五十になるまで、上手に至らざらん芸をば捨つべきなり。励み習ふべき行く末もなし。老人のことをば、人もえ笑はず。衆に交はりたるも、あいなく見苦し。おほかた、よろづのしわざは止めて、暇あるこそ、めやすくあらまほしけれ。世俗のことに携(たづさ)りて、生涯を暮らずは、下愚の人なり。ゆかしく思えんことは、学び聞くとも、その趣を知りなば、おぼつかなからずして止むべし。もとより、望むことなくして止まんは、第一のことなり」。

翻刻

或人の云。年五十になるまで上手にい
たらざらん藝をば捨べき也。はげみ習ふ
べき行末もなし。老人の事をば人もえ/w2-16r
わらはず。衆に交りたるも。あいなく見
ぐるし。大かた。万のしわざはやめて。暇
あるこそ。めやすくあらまほしけれ。
世俗の事に携りて。生涯をくらずは。
下愚の人なり。床しく覚えん事は。
学び聞とも。其趣をしりなば覚束
なからずしてやむべし。もとより。望
ことなくしてやまんは。第一の事也/w2-16l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0016.jpg

text/turezure/k_tsurezure151.txt.txt · 最終更新: 2018/09/19 23:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa