ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure150.txt

徒然草

第150段 能をつかんとする人よくせざらんほどはなまじひに人に知られじ・・・

校訂本文

能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。

いまだ堅固(けんご)かたほなるより、上手の中にまじりて、毀(そし)り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜(たしな)む人、天性その骨なけれども、道になづまず、みだりにせずして、年を送れば、堪能(かんのう)の嗜まざるよりは、つひに上手の位に至り、得たけ、人に許されて、双なき名を得ることなり。

天下の物の上手といへども、始めは不堪(ふかん)の聞こえもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟(おきて)正しく、是を重くして、放埒(はうらつ)せざれば、世の博士(はかせ)にて、万人の師となること、諸道変るべからず。

翻刻

能をつかんとする人。よくせざらんほどは
なまじいに人にしられじ。うちうちよく
習ひえてさし出たらんこそ。いと心にく
からめと常にいふめれど。かくいふ人一藝
もならひうることなし。いまだ堅固
かたほなるより上手の中にまじりて。
毀りわらはるるにも恥ず。つれなく過て
嗜む人。天性其骨なけれども。道に
なづまず。みだりにせずして。年を送
れば。堪能のたしなまざるよりは。終に/w2-15l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0015.jpg

上手の位にいたり。得たけ。人にゆるされ
て。双なき名をうる事也。天下の物の上
手といへども。始は不堪のきこえもあり。
无下の瑕瑾もありきされども。其人道
のをきてただしく。是ををもくし
て放埒せざれば。世のはかせにて。万
人の師となる事。諸道。かはるべからず/w2-16r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0016.jpg



text/turezure/k_tsurezure150.txt.txt · 最終更新: 2018/09/19 22:39 by Satoshi Nakagawa