Recent changes RSS feed

徒然草

第146段 明雲座主相者にあひ給ひておのれもし兵仗の難やあると・・・

校訂本文

明雲座主、相者にあひ給ひて、「おのれ、もし、兵仗(ひやうぢやう)の難やある」と尋ね給ひければ、相人、「まことにその相おはします」と申す。「いかなる相ぞ」と尋ね給ひければ、「傷害の恐れおはしますまじき御身にて、かりにもかく思し寄りて尋ね給ふ。これ、すでにその危ぶみのきざしなり」と申しけり。

はたして、矢に当りて失せ給ひにけり。

翻刻

明雲座主。相者に逢給て。をのれ
若兵仗の難やあると尋給ければ。相
人誠に其相おはしますと申。いかなる
相ぞと尋給ければ。傷害のをそれお
はしますまじき御身にて。かりにもかく/w2-14l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0014.jpg

おぼしよりてたづね給ふ。是既に其
あやぶみのきざしなりと申けり。はた
して矢にあたりてうせ給にけり/w2-15r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0015.jpg

text/turezure/k_tsurezure146.txt.txt · 最終更新: 2018/09/16 12:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa