ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure145.txt

徒然草

第145段 御随身秦重躬北面の下野入道信願を・・・

校訂本文

御随身秦重躬(はたのしげみ)、北面の下野入道信願を、「落馬の相ある人なり。よくよく慎み給へ」と言ひけるを、いとまことしからず思ひけるに、信願、馬より落ちて死ににけり。「道に長じぬる一言、神のごとし」と、人、思へり。

「さて、いかなる相ぞ」と人の問ひければ、「きはめて桃尻にして、沛艾(はいがい)の馬を好みしかば、この相を負(おほ)せ侍りき。いつかは申し誤りたる」とぞ言ひける。

翻刻

御随身秦重躬。北面の下野入道信願
を。落馬の相ある人也。能々つつしみ給
へといひけるを。いと真しからず思ひける/w2-14r
に。信願馬より落て死ににけり。道に長
じぬる一言。神のごとしと人思へり。さて
いかなる相ぞと人の問ければ。きはめて桃尻
にして。沛艾の馬を好しかば。此相をおほ
せ侍りき。いつかは申誤たるとぞ云ける/w2-14l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0014.jpg



text/turezure/k_tsurezure145.txt.txt · 最終更新: 2018/09/16 11:23 by Satoshi Nakagawa