ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure144.txt

徒然草

第144段 栂尾の上人道を過ぎ給ひけるに・・・

校訂本文

栂尾(とがのを)の上人1)、道を過ぎ給ひけるに、河にて馬洗ふおのこ、「あしあし」と言ひてければ、上人、立ち止まりて、「あな尊(たふと)や。宿執開発(しゆくしふかいほつ)の人かな。阿字阿字(あじあじ)と唱ふるぞや。いかなる人の御馬ぞ。あまりに尊く思ゆるは」と尋ね給ひければ、「府生殿(ふしやうどの)の御馬に候ふ」と答へけり。

「こは、めでたきことかな。阿字本不生にこそあなれ。嬉しき結縁(けちえん)をもしつるかな」とて、感涙をのごはれけるとぞ。

翻刻

栂尾の上人道を過給けるに。河にて馬
あらふをのこ。あしあしといひてければ。/w2-13l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0013.jpg

上人立とまりて。あなたうとや。宿執開
発の人哉。阿字阿字と唱るぞや。如何なる
人の御馬ぞ。あまりにたうとく覚ゆるはと
尋給ければ。府生殿の御馬に候と答
けり。こはめでたき事かな。阿字本不生に
こそあなれ。うれしき結縁をもし
つるかなとて。感涙をのごはれけるとぞ/w2-14r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0014.jpg

1)
明恵


text/turezure/k_tsurezure144.txt.txt · 最終更新: 2018/09/15 18:19 by Satoshi Nakagawa