Recent changes RSS feed

徒然草

第143段 人の終焉のありさまのいみじかりしことなど人の語るを聞くに・・・

校訂本文

人の終焉のありさまのいみじかりしことなど、人の語るを聞くに、ただ、「閑(しづ)かにして乱れず」と言はば心にくかるべきを、愚かなる人は、あやしく、異なる相を語りつけ、言ひし言葉も、振舞ひも、おのれが好むかたに讃めなすこそ、「その人の日ごろの本意にもあらずや」と思ゆれ。

この大事は、権化の人も定むべからず。博学の士もはかるべからず。おのれ違(たが)ふ所なくば、人の見聞にはよるべからず。

翻刻

人の終焉の有さまの。いみじかりし
事など。人のかたるを聞に。ただ閑に/w2-13r
してみだれずといはば。心にくかるべきを。
をろかなる人はあやしくことなる相を
かたりつけ。いひし言葉もふるまひも。
をのれがこのむかたにほめなすこそ。其
人の日来の本意にもあらずやと覚ゆれ。
此大事は権化の人もさだむべからず。博
学の士もはかるべからず。をのれたがふ所
なくは。人の見聞にはよるべからず/w2-13l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0013.jpg

text/turezure/k_tsurezure143.txt.txt · 最終更新: 2018/09/15 17:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa