Recent changes RSS feed

徒然草

第141段 悲田院の尭蓮上人は俗姓は三浦の某とかや双なき武者なり・・・

校訂本文

悲田院の尭蓮上人は、俗姓(ぞくしやう)は三浦の某(なにがし)とかや、双(さう)なき武者なり。

故郷(ふるさと)の人の来たりて、物語すとて、「吾妻人(あづまびと)こそ、言ひつることは頼まるれ。都の人は、ことうけのみよくて、実(まこと)なし」と言ひしを、聖、「それはさこそ思すらめども、おのれは都に久しく住みて、なれて見侍るに、人の心劣れりとは思ひ侍らず。なべて、心柔らかに、情あるゆゑに、人の言ふほどのこと、けやけく否(いな)びがたくて、よろづえ言ひ放たず。心弱くことうけしつ。『偽りせん』とは思はねど、乏(とも)しくかなはぬ人のみあれば、おのづから本意(ほい)通らぬこと多かるべし。吾妻人は、わがかたなれど、げには、心の色なく、情おくれ、ひとへにすくよかなるものなれば、始めより『否(いな)』と言ひてやみぬ。にぎはひ豊かなれば、人には頼まるるぞかし」と、ことはられ侍りしこそ。

この聖、声うちゆがみ、荒々しくて、「聖教の細やかなることわり、いとわきまへずもや」と思ひしに、この一言の後、心にくくなりて、多かるなかに、寺をも住持せらるるは、「かく柔らぎたる所ありて、その益もあるにこそ」と思え侍りし。

翻刻

悲田院尭蓮上人は。俗姓は三浦のなに
がしとかやさうなき武者也。故郷の人
の来りて物がたりすとて。吾妻人こそ
いひつる事はたのまるれ。都の人はこと
うけのみよくて。実なしといひしを。
聖それはさこそおぼすらめども。をのれは/w2-10l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0010.jpg

都に久しく住て。なれて見侍るに。人
の心をとれりとは思ひ侍らず。なべて心
やはらかに。情あるゆへに。人のいふほどの
事。けやけくいなひがたくて。万えいひ
はなたず。心よはくことうけしつ。偽せん
とは思はねど。ともしくかなはぬ人のみ
あれば。をのづからほいとほらぬ事おほ
かるべし。あづま人は我かたなれど。げには
心の色なく。情をくれ。ひとへにすぐ
よかなるものなれば。はじめよりいなと/w2-11r
いひてやみぬ。にぎはひゆたかなれば。人には
たのまるるぞかしとことはられ侍し
こそ。このひじり声うちゆがみあらあら
しくて聖教のこまやかなることはり。いと
わきまへずもやと思ひしに。此一言の
後。心にくく成て。おほかるなかに寺をも
住持せらるるは。かくやはらぎたる所有て。
其益もあるにこそと覚え侍し/w2-11l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0011.jpg

text/turezure/k_tsurezure141.txt.txt · 最終更新: 2018/09/15 16:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa