Recent changes RSS feed

徒然草

第140段 身死して財残ることは智者のせざるところなり・・・

校訂本文

身死して財(たから)残ることは、智者のせざるところなり。よからぬ物、貯へ置きたるもつたなく、よき物は、「心をとめけん」とはかなし。

こちたく多かる、まして口惜し。「われこそ得め」など言ふ者どもありて、あとに争ひたる、さま悪し。後は誰(たれ)にと心ざす物あらば、生けらんうちにぞ譲るべき。

朝夕、無くてかなはざらん物こそあらめ、そのほかは、何も持たでぞあらまほしき。

翻刻

身死して財残る事は。智者のせざる処
也。よからぬ物。たくはへ置たるもつたなく。
よき物は。心をとめけんとはかなし。こち
たくおほかる。まして口おし。我こそ
えめなどいふものども有て。跡にあらそひ/w2-10r
たるさまあし。後はたれにと心ざす物
あらば。いけらんうちにぞゆづるべき。朝
夕なくてかなはざらん物こそあらめ。其
外は何ももたでぞあらまほしき/w2-10l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0010.jpg

text/turezure/k_tsurezure140.txt.txt · 最終更新: 2018/09/11 00:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa