Recent changes RSS feed

徒然草

第129段 顔回は志人に労をほどこさじとなり・・・

校訂本文

顔回は、志、人に労をほどこさじとなり。すべて人を苦しめ、物を虐(しへた)ぐること、賤しき民の志をも、奪ふべからず。

また、いときなき子を、すかし脅し、言ひ恥づかしめて。興ずる事あり。おとなしき人は、まことならねば、ことにもあらず思へど、幼き心には、身にしみて恐ろしく、恥づかしく、あさましき思ひ、まことに切(せち)なるべし。これを悩まして興ずること、慈悲の心にあらず。

おとなしき人の、喜び、怒り、悲しび、楽しぶも、みな虚妄なれども、誰か実有(じつう)の相に着(ぢやく)せざる。身をやぶるよりも、心をいたましむるは、人をそこなふこと、なほはなはだし。

病を受くることも、多くは心より受く。外(ほか)より来たる病は少なし。薬を飲みて、汗を求むるには、しるしなきことあれども、一旦恥ぢ恐るることあれば、必ず汗を流すは、心のしわざなりといふことを知るべし。凌雲の額を書きて、白頭(はくとう)の人となりし例(ためし)、なきにあらず。

翻刻

顔回は志。人に労をほどこさじと也。
すべて人をくるしめ。物をしへたくる
事。賤き民の志をも。うばふべからず。又
いときなき子を。すかしおどし。いひはづ
かしめて。興ずる事あり。おとなしき/w1-92l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0092.jpg

人はまことならねば。事にもあらず思へ
ど。おさなき心には。身にしみておそろ
しくはづかしく浅ましき思ひ。誠
に切成べし。是をなやまして興ずる
事。慈悲の心にあらず。おとなしき人
の。よろこびいかりかなしひたのしふ
も。皆虚妄なれども。誰か実有の相に
着せざる。身をやふるよりも。心をいたま
しむるは。人をそこなふ事なを甚し。
病をうくる事も。おほくは心よりうく。外/w1-93r
より来る病はすくなし。薬をのみて
汗を求るには。しるしなきことあれ
ども。一旦恥をそるることあれば。必汗
をながすは。心のしわざ也といふことを知
べし。凌雲の額を書て白頭の人
となりしためしなきにあらず/w1-93l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0093.jpg

text/turezure/k_tsurezure129.txt.txt · 最終更新: 2018/09/01 23:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa