ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure128.txt

徒然草

第128段 雅房大納言は才かしこくよき人にて・・・

校訂本文

雅房大納言1)は、才かしこく、よき人にて、「大将にもなさばや」と思しけるころ、院の近習(きんじゆ)なる人、「ただ今、あさましきことを見侍りつ」と申されければ、「何事ぞ」と問はせ給ひけるに、「雅房卿、鷹に飼はんとて、生きたる犬の足を切り侍りつるを、中垣の穴より見侍りつ」と申されけるに、うとましく憎く思し召して、日ごろの御気色(みけしき)もたがひ、昇進もし給はざりけり。

さばかりの人、鷹を持たれたりけるは思はずなれど、犬の足はあとなきことなり。虚言(そらごと)は不便(ふびん)なれども、かかることを聞かせ給ひて、憎ませ給ひける君の御心は、いと尊きことなり。

おほかた、生ける物を殺し、いため、戦はしめて遊び楽しまん人は、畜生残害(ちくしやうざんがい)のたぐひなり。よろづの鳥獣、小さき虫までも、心をとめてありさまを見るに、子を思ひ、親をなつかしくし、夫婦をともなひ、妬み、怒り、欲多く、身を愛し、命を惜しめること、ひとへに愚痴なるゆゑに、人よりもまさりてはなはだし。かれに苦しみを与へ、命を奪はんこと、いかでかいたましからざらん。

すべて一切の有情(うじやう)を見て、慈悲の心なからんは、人倫にあらず。

翻刻

雅房大納言は。才かしこくよき人
にて大将にもなさばやとおぼしける比。
院の近習なる人。ただ今浅ましき事
を見侍りつと申されければ。何事ぞ
ととはせ給けるに。雅房卿鷹にかはんと
て。いきたる犬のあしをきり侍りつる
を。中垣の穴より見侍りつと申され
けるに。うとましくにくくおぼしめし
て。日来の御気色もたがひ昇進も
し給はざりけり。さばかりの人鷹をもたれ/w1-91l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0091.jpg

たりけるは思はずなれど。犬の足はあと
なき事也。虚言は不便なれども。かかる
事をきかせ給て。にくませ給ける君の御
心は。いとたうとき事也。大方いける物を
ころし。いため。たたかはしめてあそびた
のしまん人は。畜生残害のたぐひ也。
万の鳥獣ちいさきむしまでも。心を
とめて有様を見るに。子をおもひ親をなつ
かしくし。夫婦を友なひねたみいか
り。欲おほく身を愛し命を惜める/w1-92r
こと。ひとへに愚痴なるゆへに。人よりも
まさりて甚し。彼にくるしみをあたへ。
命をうばはん事。いかでかいたまし
からざらん。すべて一切の有情を見て。
慈悲の心なからんは。人倫にあらず/w1-92l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0092.jpg

1)
土御門雅房


text/turezure/k_tsurezure128.txt.txt · 最終更新: 2018/09/01 21:46 by Satoshi Nakagawa