ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure125.txt

徒然草

第125段 人におくれて四十九日の仏事にある聖を請じ侍りしに・・・

校訂本文

人におくれて、四十九日の仏事に、ある聖を請じ侍りしに、説法いみじくして、みな人、涙を流しけり。導師帰りて後、聴聞(ちやうもん)の人ども、「いつよりも、ことに今日は尊く思え侍りつる」と感じあへりし返りごとに、ある者のいはく、「何とも候へ、あれほど唐(から)の狗(いぬ)に似候ひなんうへは」と言ひたりしに、あはれもさめてをかしかりけり。さる導師の讃めやうやはあるべき。

また、「人に酒勧むるとて、おのれまづたべて、人にしひ奉らんとするは、剣にて人を斬らんとするに似たることなり。二方(ふたかた)に刃付きたるものなれば、持たぐる時、まづわが頸を斬るゆゑに、人をばえ斬らぬなり。おのれまづ酔(ゑ)ひて臥しなば、人はよも召さじ」と申しき。剣にて斬り試みたりけるにや。いとをかしかりき。

翻刻

人にをくれて。四十九日の仏事に或
聖を請じ侍しに。説法いみじく
してみな人涙をながしけり。導師/w1-90r
帰て後。聴聞の人ども。いつよりも。ことに
けふはたうとく覚え侍りつると感じあへ
りし返事に。或者の云何とも候へ。あれ
ほど唐の狗に似候なんうへはといひたり
しに。あはれもさめておかしかりけり。さ
る導師のほめやうやはあるべき。又人に酒
すすむるとて。をのれまづたべて人にしゐ
奉らんとするは。釼にて人をきらんとする
に似たる事也。二方にはつきたるものなれ
ば。もたぐる時先我頸をきる故に。人をば/w1-90l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0090.jpg

えきらぬ也。をのれまづ酔てふしなば。
人はよもめさじと申き。釼にてきりここ
ろみたりけるにや。いとおかしかりき/w1-91r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0091.jpg



text/turezure/k_tsurezure125.txt.txt · 最終更新: 2018/08/31 12:32 by Satoshi Nakagawa