ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure122.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure122.txt [2018/08/28 12:45] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第122段 人の才能は文あきらかにして聖の教へを知れるを第一とす・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +人の才能は、文あきらかにして、聖の教へを知れるを第一とす。
 +
 +次には手書くこと、むねとすることはなくとも、これを習ふべし。学問に便あらんためなり。
 +
 +次に医術を習ふべし。身を養ひ、人を助け、忠孝のつとめも、医にあらずはあるべからず。
 +
 +次に弓射(ゆみい)、馬に乗ること、六芸に出だせり。必ずこれをうかがふべし。
 +
 +文・武・医の道、まことに欠けてはあるべからず。これを学ばんをば、いたづらなる人と言ふべからず。
 +
 +次に食は人の命((「人の命」は諸本「人の天」。『帝範』農務「夫食為人天、農為政本」による。))なり。よく味を調(ととの)へ知れる人、大きなる徳とすべし。
 +
 +次に、細工。よろづの要多し。
 +
 +このほかのことども、多能は君子の恥づるところなり。詩歌に巧みに、糸竹に妙なるは、幽玄の道、君臣これを重くすといへども、今の世には、これをもちて世を治むること、やうやく愚かなるに似たり。金(こがね)はすぐれたれども、鉄(くろがね)の益(やく)多きにしかざるがごとし。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  人の才能は。文あきらかにして。聖の教を
 +  しれるを第一とす。次には手書事むねと
 +  する事はなくとも。是をならふべし。
 +  学問に便あらんため也。次に医術を
 +  習べし。身を養ひ人をたすけ。忠
 +  孝のつとめも医にあらずは有べからず。
 +  次に弓射馬に乗事六藝に出せり。必
 +  是をうかがふべし。文武医の道誠
 +  にかけてはあるべからず。これを学ばん
 +  をばいたづらなる人といふべからず。次に食は/w1-88l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0088.jpg
 +
 +  人の命也。よく味を調しれる人大なる
 +  徳とすべし。次に細工。万の要おほ
 +  し。此外の事ども。多能は君子のはづる
 +  処也。詩歌にたくみに。糸竹に妙なる
 +  は。幽玄の道。君臣これををもくすと
 +  いへども。今の世にはこれをもちて。世を
 +  治る事漸をろかなるに似たり。金は
 +  すぐれたれども。鉄の益おほきに
 +  しかざるがごとし/w1-89r
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0089.jpg
  


text/turezure/k_tsurezure122.txt.txt · 最終更新: 2018/08/28 12:45 by Satoshi Nakagawa