Recent changes RSS feed

徒然草

第121段 養ひ飼ふものは馬牛・・・

校訂本文

養ひ飼ふものは、馬・牛。つなぎ苦しむるこそ痛ましけれど、なくてかなはぬものなれば、いかがはせん。犬は守り防ぐつとめ、人にもまさりたれば、必ずあるべし。されど、家ごとにあるものなれば、ことさらに求め飼はずともありなん。

そのほかの鳥獣、すべて用なきものなり。走る獣(けだもの)は檻に籠め、鎖をさされ、飛ぶ鳥は翅(つばさ)を切り、籠(こ)に入れられて、雲を恋ひ、野山を思ふ愁へ、やむときなし。その思ひ、わが身にあたりて忍びがたくは、心あらん人、これを楽しまんや。

生を苦しめて、目を喜ばしむるは、桀(けつ)・紂(ちう)が心なり。王子猷1)が鳥を愛せし、林に楽しぶを見て、逍遥の友としき。捕へ苦しめたるにあらず。

「およそ、珍しき禽(とり)、あやしき獣、国に育(やしな)はず」とこそ、文にも侍るなれ。

翻刻

養ひかふ物は。馬牛。つなぎくるし
むるこそいたましけれど。なくてかなはぬ
物なればいかがはせん。犬はまもりふせぐ
つとめ人にもまさりたれば。必有べし。
されど家ごとにある物なれば。特更に
もとめかはずともありなん。其外の鳥
獣。すべて用なきものなり。走る獣は。檻/w1-87l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0087.jpg

にこめ。くさりをさされ。飛鳥は。翅をきり。
籠に入られて雲をこひ。野山をおもふ
愁止時なし。其思我が身にあたりて
忍がたくは。心あらん人是をたのしまんや。
生を苦しめて。目をよろこばしむるは。
桀紂が心なり。王子猷が鳥を愛せし。
林にたのしぶをみて。逍遥の友と
しき。とらへくるしめたるにあらず。
凡めづらしき禽。あやしき獣。国に
育はずとこそ文にも侍るなれ/w1-88r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0088.jpg

1)
王徽之
text/turezure/k_tsurezure121.txt.txt · 最終更新: 2018/08/21 15:47 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa