Recent changes RSS feed

徒然草

第119段 鎌倉の海に鰹といふ魚はかの境には双なきものにて・・・

校訂本文

鎌倉の海に、鰹(かつを)といふ魚は、かの境(さかひ)には、双(さう)なきものにて、このごろもてなすものなり。

それも、鎌倉の年寄りの申し侍りしは、「この魚、おのれら若かりし世までは、はかばかしき人の前へ出づること侍らざりき。頭(かしら)は下部(しもべ)も食はず。切り捨て侍りしものなり」と申しき。

かやうのものも、世の末になれば、上(かみ)ざままでも入りたつわざにこそ侍れ。

翻刻

鎌倉の海にかつをと云魚は。彼さかひには
さうなきものにて。此比もてなすもの也。/w1-86l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0086.jpg

それも鎌倉の年よりの申侍しは。此
魚をのれらわかかりし世までは。はか
ばかしき人の前へ出る事侍らざりき。
頭は下部もくはず。きりてすて侍しも
の也と申き。かやうの物も。世の末になれば。
上さままでも入たつわざにこそ侍れ/w1-87r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0087.jpg

text/turezure/k_tsurezure119.txt.txt · 最終更新: 2018/08/20 00:01 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa