ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure118.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure118.txt [2018/08/19 23:53] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第118段 鯉の羹食ひたる日は鬢そそけずとなん・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +鯉の羹(あつもの)食ひたる日は、鬢(びん)そそけずとなん。膠(にかは)にも作るものなれば粘りたるものにこそ。
 +
 +鯉ばかりこそ、御前にても切らるるものなれば、やんごとなき魚なり。鳥には雉(きじ)、双(さう)なきものなり。雉・松茸などは、御湯殿(みゆどの)の上にかかりたるも苦しからず。その外(ほか)は心憂きことなり。
 +
 +中宮((後醍醐天皇中宮西園寺禧子))の御方の御湯殿の上の黒御棚(くろみだな)に、雁の見えつるを、北山入道殿((西園寺実兼))の御覧じて、帰らせ給ひて、やがて御文にて、「かやうの物、さながらその姿にて御棚にゐて候ひしこと、見ならはず、さま悪しきことなり。はかばかしき人のさぶらはぬゆゑにこそ」など、申されたりけり。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  鯉のあつもの食たる日は。鬢そそけずと
 +  なん。膠にもつくるものなれば。ねばりたる
 +  ものにこそ。鯉ばかりこそ御前にてもきら
 +  るる物なれば。やん事なき魚なり。鳥
 +  には雉さうなき物也。雉松茸などは。/w1-86r
 +
 +  御湯殿の上にかかりたるも苦しからず。
 +  其外は心うき事也。中宮の御方の御湯
 +  殿の上のくろみ棚に。雁のみえつるを。
 +  北山入道殿の御覧じて帰らせ給て。
 +  やがて御文にてかやうの物さながら其姿
 +  にて御棚にゐて候し事。見ならはずさま
 +  あしき事也。はかばか敷人のさふら
 +  はぬ故にこそなど。申されたりけり/w1-86l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0086.jpg
  


text/turezure/k_tsurezure118.txt.txt · 最終更新: 2018/08/19 23:53 (外部編集)