ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure115.txt

徒然草

第115段 宿河原といふ所にてぼろぼろ多く集まりて九品の念仏を申しけるに・・・

校訂本文

宿河原といふ所にて、ぼろぼろ多く集まりて、九品の念仏を申しけるに、外(ほか)より入り来たるぼろぼろの、「もし、この御中に、いろおし房と申すぼろやおはします」と尋ねければ、その中より、「いろをし、ここに候ふ。かくのたまふは誰」と答ふれば、「しら梵字と申す者なり。おのれが師、なにがしと申しし人、東国にて、いろをしと申すぼろに殺されけりと承りしかば、『その人に会ひ奉りて、恨み申さばや』と思ひて、尋ね申すなりといふ。

いろをし、「ゆゆしくも尋ねおはしたり。さること侍りき。ここにて対面し奉らば、道場をけがし侍るべし。前の河原へ参り合はん。あなかしこ、脇さしたち、いづかたをもみつぎ給ふな。あまたのわづらひにならば、仏事の妨げに侍るべし」と言ひ定めて、二人、河原へ出で合ひて、心行くばかりに貫き合ひて、ともに死ににけり。

ぼろぼろといふ者、昔はなかりけるにや。近き世に、「ぼろんじ」、「梵字」、「漢字」などいひける者、その始めなりけるとかや。

世を捨てたるに似て、我執深く、仏道を願ふに似て、闘諍(とうじやう)をこととす。放逸無慙(はういつむざん)のありさまなれども、死を軽くして、少しもなづまざるかたの、いさぎよく思えて、人の語りしままに書き付け侍るなり。

翻刻

宿河原といふところにて。ぼろぼろおほ
くあつまりて。九品の念仏を申けるに。
外より入来るぼろぼろの。もし此御中に
いろおし房と申すぼろやおはしますと。尋
ければ。其中よりいろをしここに候/w1-84r
かくのたまふは。誰と答れば。しら梵字
と申者也。をのれが師なにがしと申
し人東国にて。いろをしと申ぼろ
にころされけりと承りしかば。其人に
あひ奉りて。恨申さばや。と思ひて尋
申なりといふ。いろをし。ゆゆしくも
たづねおはしたり。さる事侍りき。ここ
にて対面し奉らば。道場をけがし
侍るべし。前の河原へ参りあはん。あな
かしこわきさしたち。いづかたをもみ/w1-84l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0084.jpg

つぎ給な。あまたのわづらひにならば。仏事
の妨に侍るべし。といひ定て。二人河原へ
出あひて。心行ばかりにつらぬきあひて。共
に死ににけり。ぼろぼろといふもの。昔はな
かりけるにや。近世に。ぼろんじ梵字漢
字など云ける者其はじめ也けるとかや。
世をすてたるに似て我執ふかく。仏道
をねがふに似て。闘諍をこととす。放逸
無慙の有様なれども。死を軽くして。少
もなづまざるかたのいさぎよく覚えて。/w1-85r
人のかたりしままに。書付侍る也/w1-85l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0085.jpg



text/turezure/k_tsurezure115.txt.txt · 最終更新: 2018/08/19 19:15 (外部編集)