ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure112.txt

徒然草

第112段 明日は遠国へ赴くべしと聞かん人に・・・

校訂本文

明日は遠国へ赴くべしと聞かん人に、心閑(しづ)かになすべからんわざをば、人言ひかけてんや。

にはかの大事をも営み、切(せち)に歎くこともある人は、他のことを聞き入れず、人の愁へ喜びをも問はず。問はずとて、「などや」と恨むる人もなし。さらば、年もやうやうたけ、病(やまひ)にもまつはれ、いはんや、世をも遁れたらん人、またこれに同じかるべし。

人間の儀式、いづれのことか、去りがたからぬ。世俗の黙(もだ)しがたきにしたがひて、これを必ずとせば、願ひも多く、身も苦しく、心の暇(いとま)もなく、一生は雑事の小節に障(さ)へられて、むなしく暮れなん。

日暮れ塗(みち)遠し。わが生、すでに蹉跎(さだ)たり。諸縁を放下(ほうげ)すべき時なり。信をも守らじ。礼儀をも思はじ。

この心をも得ざらん人は、物狂ひとも言へ。うつつなし、情なしとも思へ。毀(そし)るとも苦しまじ。誉(ほ)むとも聞き入れじ。

翻刻

明日は遠国へをもむくべしときかん人
に。心閑になすべからんわざをば。人いひかけ
てんや。俄の大事をもいとなみ。切になげ
く事もある人は。他の事を聞入ず。人の愁
喜をもとはず。とはずとてなどやとうら
むる人もなし。さらば年もやうやうたけ。
病にもまつはれ。況世をものがれたらん/w1-82r
人。又是におなじかるべし。人間の儀
式いづれの事か去難からぬ。世俗の
もだしがたきに随て。これを必とせば
ねがひもおほく。身もくるしく心の暇
もなく。一生は雑事の小節にさへられて。
むなしくくれなん。日暮塗遠し。
我生既に蹉跎たり。諸縁を放下すべき
時也。信をも守らじ。礼儀をも思はじ。
此心をもえざらん人は。物狂ともいへ。う
つつなし情なしとも思へ。毀とも/w1-82l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0082.jpg

くるしまじ。誉ともきき入じ/w1-83r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0083.jpg



text/turezure/k_tsurezure112.txt.txt · 最終更新: 2018/08/18 12:03 (外部編集)